山原 さくら ソフフェージュ・声楽

京都市立京都堀川音楽高等学校を経て、京都市立芸術大学声楽専攻を首席卒業。卒業時に京都市長賞、京都音楽協会賞、真声会賞を受賞すると共に、卒業演奏会、関西新人演奏会に出演。その後、東京藝術大学大学院音楽研究科オペラ専攻に入学し、第65回藝大定期オペラ公演《コジ・ファン・トゥッテ》にてフィオルディリージ役を務めた。
第67回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選。平成29年度青山音楽財団奨学生。
令和元年、天皇陛下御即位奉祝 京都府民の集いにて、国歌独唱。
これまでに、永松圭子、津幡泰子、折江忠道、山本真由美、平松英子の各氏に師事。