津幡 泰子 声楽・合唱・演奏研究(音楽科専任教諭)

京都市立堀川高校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒業。同大学大学院音楽研究科修了。

ベートーヴェン「第九」、マーラーの交響曲第2番「復活」、交響曲第4番「大いなる喜びへの賛歌」、R.シュトラウス「4つの最後の歌」のソプラノソロのほか、ヴィヴァルディ「グローリア」、ハイドン「テレジアミサ」「戦時のミサ」、モーツァルト「レクイエム」「戴冠ミサ」、フォーレ「レクイエム」、ラター「マニフィカート」など、宗教曲のソロを数多く務めている。また、オペラにも出演するなど幅広い分野で演奏活動を行っている。

中村スミ子、小林真理、三井ツヤ子の各氏に師事。

現在、京都市立京都堀川音楽高等学校主幹教諭、京都市少年合唱団指導者、関西二期会会員。