京都市立京都堀川音楽高等学校 御池門 画像

メッセージ

学校紹介

Messages

学校長挨拶

「音楽の力」を信じて
230401HP写真1680263687898

京都市立京都堀川音楽高等学校

校長 中村 陸子

 本年度、京都市立京都堀川音楽高等学校の校長を拝命いたしました、中村 陸子(なかむら みちこ)と申します。ここ数年、「高校」においても、「音楽」においても、たいへん厳しい時間が流れておりました。そんな中、前任の北村 光司校長が、生徒・教職員の方々と心を合わせ、工夫を重ねながら、学びを止めずに「堀音」らしく、教育活動を進めてこられました。そのご熱意と行動力をお手本としながら、また、城巽学区自治連合会の皆さまはじめ地域の方々、同窓会の皆さま、この校舎を拠点に活動されている音楽関係者の皆さま、「堀音」にお気持ちを寄せてくださる多くの方々、そして生徒・保護者の皆さまにご意見やご教示をいただきながら、誠実に務めを果たしてまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 昭和23年、価値観の大きな変わり目の中で、これからの日本を背負っていく若者を育成する新しい形の高等学校に、「音楽」に特化したコースを置こう、とお考えになった先人の知性と勇気に、また、それを良しとした、京都市民の文化力とも言うべき懐の深さに、改めて心を震わせる思いでおります。そのスタートから70余年、時代に応じて、またある時は時代を先駆けながら、年月を紡いできた「堀音」。昨今の急速な日本や世界の変化の中で、大事なものを見失うことなく、また、そのために変わることも時には視野に入れながら,生徒・教職員とともに、歩みを進めていきたいと思います。私自身、生徒ひとりひとりの日常に寄り添い、彼らの奏でるさまざまな「音楽」に、耳を傾けてまいりたいと存じます。

 今年度も皆さま方の本校への一層のお支えとお見守りを、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和5年4月1日
京都市立京都堀川音楽高等学校 校長 中村 陸子

たたんだ翼をひろげ 恐れずにむかっていこう

この翼が 巻き起こす風をしたがえ

世界の静まる中で 響き出す

本物のかがやきへ

〜校歌「海を遠く」より〜

About Our School / Message

音楽を愛し、人を愛して

指揮者 佐渡 裕

京都市立京都堀川音楽高等学校 芸術顧問

「堀音」この言葉の響きに、僕は強い誇りと、抑える事のできない思い出で胸が一杯になる。だからこそ僕は卒業してからも、必ず年に一度は学校を訪ね、懐かしい先生に挨拶をし、生徒たちのオーケストラを相手に汗を一杯かきながら指揮し、いつの間にか随分歳の離れたかわいい後輩達に励ましの言葉をかけることを、一人の卒業生として続けている。
それは「堀音」を卒業した者には、受け継がれている想いがあるからだ。それは「音楽を愛し、人を愛しいと思える気持ち。」それをこの学校で先輩や先生から教えられたからこそ、僕は世界を相手にする指揮者になれた。今度は僕がその想いを現役の学生達に伝える番。毎年選ばれる40人の新しい堀音生達よ!いつか皆が卒業し、それぞれの道に進み、例えどんな仕事に就こうと、どんなに離れた所に暮らそうと、この僕ら卒業生が共有できる「堀音」という響きの心地よさに、きっときっと気がつく事だろう。

Photo ⓒ Jun Yoshimura

在校生からのメッセージ

①専攻名をクリックすると、フィルタリングされた在校生画像が表示されます。
(下にスクロールしていくと在校生画像が表示されます)
②各在校生の画像をクリックすると、メッセージ詳細をご覧いただけます。  

菊池 華 3年 ピアノ専攻

・2020年度, ・ピアノ
菊池 華 3年 ピアノ専攻

今村 萌衣 3年 トランペット専攻

・2020年度, ・管楽器
今村 萌衣 3年 トランペット専攻

石井 誓奏 3年 コントラバス専攻

・2020年度, ・弦楽器
石井 誓奏 3年 コントラバス専攻

中野 未唯 3年 声楽専攻

・2020年度, ・声楽
中野 未唯 3年 声楽専攻

砂田 萌 3年 声楽専攻

・2020年度, ・声楽
砂田 萌 3年 声楽専攻

黒田 貴乃伽 2年 フルート専攻

・2020年度, ・管楽器
黒田 貴乃伽 2年 フルート専攻

原田 凜奏 2年 ヴァイオリン専攻

・2020年度, ・弦楽器
原田 凜奏 2年 ヴァイオリン専攻

寺澤 愛香 2年 ヴァイオリン専攻

・2020年度, ・弦楽器
寺澤 愛香 2年 ヴァイオリン専攻

杉山 奈々 2年 声楽専攻

・2020年度, ・声楽
杉山 奈々 2年 声楽専攻

細川 和奏 2年 ピアノ専攻

・2020年度, ・ピアノ
細川 和奏 2年 ピアノ専攻
堀音での学びを語る卒業生インタビュー

活躍する先輩たち

各方面で活躍する堀音卒業生に、自分の歩み、堀音での学びや経験について、語っていただきました。

tanaka4

田中 咲絵

Sae Tanaka

第32回京都ピアノコンクールE部門金賞及び協賛社賞。第29回京都芸術祭新人賞受賞。第27回京都芸術祭「世界に翔く若き音楽家たち」に出演。 京都コンサートホール第1期登録アーティスト。

取材日:2021年3月22日

薩摩 研斗 指揮科(71期卒)

薩摩 研斗

Kento Satsuma

2020年チェコ国立ブルノ・ヤナーチェク音楽院に指揮・ピアノの両専攻の入学試験に合格。同時に6年飛び級で大学院への入学を許可され、現在同校に在学中。

取材日:2021年3月2日

山田 唯雄 64期卒 クラシックギター専攻

山田 唯雄

Io Yamada

第38回日本ギターコンクール1位、第7回イーストエンド国際ギターコンクール1位、19年 “Ligita”リヒテンシュタイン国際ギターコンクール3位等国内外多数のコンクールで入賞。現在フランツリスト音楽院にてリカルド・ガレン氏に師事。

取材日:2021年3月1日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早瀬 千賀

Chika Hayase

第20回エウテルペ国際コンクールにて1位、“Morena Mazzilli” 賞、第33回京都芸術祭音楽部門にて京都市長賞受賞。ウィーンフィルサマーアカデミーのプロジェクトに参加。現在ウィーン国立音大にてエドワード・ツェンコフスキ氏に師事。

取材日:2021年7月26日

フッター

長瀬 大観

Hiroaki Nagase

京都市立京都堀川音楽高等学校、くらしき作陽大学音楽学部を卒業したのち渡欧。ブリュッセル王立音楽院を経て、現在ベルギー王立モネ歌劇場管弦楽団第2ヴァイオリン奏者として在籍中。ブリュッセル室内合奏団メンバー。

取材日:2022年7月27日

サムネ

木田 奏帆

Kanaho Kida

京都市立京都堀川音楽高校、京都市立芸術大学ヴァイオリン専攻卒業、東京藝術大学大学院修士課程ヴィオラ専攻修了。日本センチュリー交響楽団ヴィオラ奏者。オーケストラの他、ソロや室内楽でも積極的に活動している。

取材日:2023年5月11日