明石幸大 ピアノ・合奏・ソルフェージュ(音楽科専任教諭)

京都市立音楽高校(現京都市立京都堀川音楽高校)を経て東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
2017年、神戸芸術センター記念ピアノコンクールにおいて特別賞受賞。2020年、日本ピアノコンクール入賞。日本芸術センターの招聘ピア二ストに選出される。その他、多数のコンクールで入賞を果たしている。
京都芸術祭音楽部門において京都芸術祭奨励賞、亀岡市長賞を受賞。2014年、青山音楽記念館バロックザールにおいてソロリサイタルを開催し好評を博す。
また、Sony Music主催STAND UP! CLASSICのメンバーとして活動し、テレビ等メディアでも活躍している。
ピアニストとして活動する傍ら、京都市立京都堀川音楽高等学校オーケストラ定期演奏会、京都城巽音楽フェスティバル、STAND UP! CLASSIC大阪単独公演でオーケストラの指揮を務める。
これまでにピアノを北村純子、馬場和世、坂井千春、迫昭嘉の各師に師事。指揮を藏野雅彦氏に師事。